大天使は夜空を燃やすか

腐り気味WTRPG/PBWプレイヤーのブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015.02.24 Tuesday | - | スポンサードリンク || △Page Top |
海底から救助せよ
[ CTS:ギィ参加依頼 ]
 担当:加藤しょこら

ギィは私の稼動中PCの中でも唯一の水中機持ち。同時稼動は2人が限界と思ってますので、しばらくお休みしていましたが、もろに水中機が必要な依頼を発見しましたので、受けてみました。
依頼での水中戦はプレイヤーも完全に初体験だったのですけどね。
ずっと気になっていたMSさんでしたし、水中部隊の雄で、かっこいいなぁとこっそり見ていた(笑)PCさんも参加されてましたし。
ちなみに難易度は『普通』ながら<危険>フラグ付き。水中戦はどうしてもそうなりますね。

内容はタイトルそのまんまで、動力の事故で北海に沈没した潜水艦から107名の乗員を救助するというものです。要救助艦の周辺には海キメラの定番、シーサーペントがいるとのこと。8機のうち4機を対シーサーペント戦に回し、残り4機が潜水艦と救助艇の護衛を行なうことに。
ギィは対シーサーペント班で、憧れPCさんとペアを組ませていただきました。

リプレイは1週間ほど遅刻でしたが、内容は期待通りのクオリティ。緊迫感ある水中での戦闘と、救助任務に当たるPCたちの心情を丹念に描いていただきました。最後の、少し感傷的な描写は、ギィにも向けられていたのか……な。
シーサーペントがあんなにうようよいるのは想定してませんでしたけどね。24匹も倒すはめになろうとは。でも戦闘の流れを全員きちんと書いてましたので、疲弊したものの無問題。
しかし依頼は無事成功したものの、まだちょっと裏がありそうです。北海油田がどうとか。ギィは政治的なネタに縁があるのかもしれません。この方向でいくか。

続きにプレイングです。
続きを読む >>
| 2008.07.23 Wednesday | comments(0) | Sei || △Page Top |
【PN】蠢く暴略
[ CTS:ギィ参加依頼 ]
担当:一本坂絆
ギィで参加

ハイクオリティなリプレイと遅刻で有名な(苦笑)名物MSさんのシナリオ。イベントシナリオと簡単な訓練もの以外は大規模作戦にしか出ていなかったギィにも、ちょっと依頼経験を積ませたいなと思って参加です。
『やや難』ながら内容は調査系だったので、低レベルのギィでもなんとかなるでしょう。

欧州攻防戦オペレーション・パールネックレスの関連依頼。前線を支えるピレネー要塞の建設のお手伝いをするというのが表向き。キメラの襲撃があるのでその対処が求められる、というところまでがPC情報。さらに、親バグア派テロリスト“アークライト”の破壊工作があることがPL情報として提示されていました。

調査系依頼のプレイングはなかなか難しいものです。今回は、8人がツーマンセルを組んで、相互援護しあいながら工兵の手伝いと警護を行うことに。
キメラ襲撃時は、要塞内が混乱に陥った隙を狙って破壊工作があるのではと全員が予測していましたので、レベル高めの6人だけが戦闘にまわり、ギィのペアは避難誘導とテロへの警戒を。

リプレイは案の定3週間近く遅れましたけど……しかし、初めてお預けしたのにギィのキャラが完璧に再現されていてびっくりですよ。テロリストを足止めする際に、微笑を浮かべたまま車の前に立ちふさがったり。ギィならやりそうだな、確かに。他にも、工兵に「執事さん」と呼ばれたりして。
訓練依頼でいただいた「コーヒー通」という称号が効いたのか、工兵の人たちにコーヒー振舞ってました(笑)

続きにプレイングです。
最後の台詞が、リプレイの〆に使われていてとっても嬉しかったです。
続きを読む >>
| 2008.06.06 Friday | comments(0) | Sei || △Page Top |
Attention
掲載画像・音声は、オーダメイドCOMによって作成されました。著作財産権は(株)クラウドゲートに帰属しますが、規約により使用権が発注者に認められているものです。発注者以外の利用・転載は著作権法に違反します。
Comments
Archives
Booklog
Sei's Avatar(s)
Search this site
Sponsored Links
無料ブログ作成サービス JUGEM