大天使は夜空を燃やすか

腐り気味WTRPG/PBWプレイヤーのブログ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015.02.24 Tuesday | - | スポンサードリンク || △Page Top |
INPUT/OUTPUT
[ 雑記 ]
しばし、なりを潜めております。舵天照では合戦があったのでそちらには参加していましたが、依頼は全PC停止中。

何がどうというわけでもなく、単に気持ちが向かないだけだったりします。一般的にどうかは知りませんが、私はインプットとアウトプットが両方必要。何がインプットで何がアウトプットなのかというのはちょっと複雑な問題ではありますが、自己表現と表現の享受ってことになるんかな。
思うにWTRPGというのはアウトプット=プレイングを書くことと、インプット=リプレイを読むことで成り立っているので、非常に自己完結性が高い遊びだと思うわけです。

ただ最近はあまりに続けてやりすぎたせいで、アウトプット過剰になっていた感覚でして。特に終了間際のソルパに復帰したことで相当消耗したと思いますが、リプレイ待ちのものやOP待ちのものが結構あるってのもあります。
で、気づけば今はインプット期間に移行した模様。黙々と小説やら漫画やら読んだり、ひさびさにゲーセン通いしたりしてます。BBは現在C2の重火力・支援兵ですが、やっぱりメインはTCGですな!

別にWTRPGから完全に離れているわけではなく、日々支給品は貰いに行っていたり。その時にシナリオもチェックしてるんですが、うーむ、ピンとくるものがない。シナリオの質どうこうではなく、単に私の気分なのでありましょう。
思えば2年間ぶっ続けでシナリオに参加し続けていたわけでして、たまにはこんな時も必要です。不意にインプット期間がやってくるのは実は私にはよくあることだったりします。これまでのパターンからして、近いうちにフラリと戻ることでしょう。今のうちにいろいろ頭の中に蓄えておきます。プレイヤーの抽斗が充実しているほど、充実したプレイングが書ける、はず。

そんな低速状態ながら、ソルパのブラッドを舵天照にコンバートしました。レベル20からはコンバート専用特典アイテムが貰えるみたいですが、どうやっても3月31日までにレベル20にはならないので、NCキャンペーンの方を優先。
初コンバートであります。コンバートを選ぶと、名前・外見年齢・目と髪の色・身長体重なんかがデフォルトで入っていてこっそり感動した。つっても考えているうちにまったく違うキャラになってきたので、名前は変えてしまいました。
続きを読む >>
| 2010.03.26 Friday | comments(7) | Sei || △Page Top |
なにわのわたし※3月17日修正
[ オフ会 ]
※コメントに誤報がありました。ピュアホワイトは一応予定はあるものの、詳細は不明です。何かしらの電子戦機の方も話はあるっぽいですがやっぱり詳細不明。ピュアホワイト=電子戦機ではありませんでした。すいません!(3/17)※

CTS+DTS合同大阪オフに参加してきましたよ。1年半ほど前に京都で開催された小規模オフ以来の関西でした。前回は日帰りの強行スケジュールを組んだら帰りに新幹線に乗り遅れかけて京都駅を爆走する目にあったので、今度は1泊してきました。でもやっぱり眠いです。旅に疲れる年齢になってしまったのか……!

オフ会は13日土曜日10時からだったので、13日の朝6時57分品川発の新幹線を予約。そして乗り遅れかけ結局品川を走る。乗れました。よかったね。
9時半に新大阪着、会場は新大阪から近そうに見えましたけど、迷うかもしれないので余裕を持ってこの新幹線にしたわけです。が、空腹に負けて駅内のドトールで腹ごしらえしたらやっぱり開催時間には間に合わなかったぞ。

会場に10時ちょっとすぎに着きました。開催時間にはまだそれほど人は多くありませんでしたが、あれよあれよと増えていき。最終的にはずいぶんにぎやかになっていました。私は今回主催側ではないので正確な人数は把握していませんが、40人くらい?
会場のある建物にはエレベータが2基あり、1基は2階までしか行きません。会場の会議室は4階。それを知らずに2階までのエレベータに乗ろうとして少々慌てる。そしたらまったく同じ行動をしている人がいました。絶対関係者だ、と思ったら蓮華MSでした。

今回は2タイトル合同ということで、面子も少々変化があり。舵天照メインの方も多くいらっしゃっていてまた新たな出会いが。犬神の長に会ってきました! うらやましいだろう隊長、ふはは。ついでに真柄MSにも会ってきましたが、こっちはあんまりうらやましくないですよね隊長。真柄MSは「ネタだけじゃなくシリアス依頼にも入って!」ってしきりに言ってました。善処します。
しかし志狼は私が知らん間に有名人になってたみたいです。あんなに知られてるとは思わなんだ。ありがたいことです。
続きを読む >>
| 2010.03.14 Sunday | comments(12) | Sei || △Page Top |
謎解きシナリオ
[ 雑記 ]
書くネタはある、が、書く気力がない。いや私自身は元気ですよ。シナリオにも参加してますし。しかしどうもモチベーション低下気味なのかもしらん。大阪オフで補充できるといいんですが。
そんなこんなでどさイベ限定OMCとかもまだ出してない有様なわけですが。リプレイ感想も書いてないしなー。大規模作戦も。しかし今日は全然タイムリーでもなんでもない考察話なのじゃった。思いついちゃったんだから仕方ない。

私は謎解きシナリオが好きです。もともと推理小説は好きで、推理する行為も好きです。だから当然といえば当然なのですが。ここで重要なのは、「推理小説を読む楽しみ」と「推理する行為の楽しみ」は別だということ。推理小説が好きな人はたいてい推理する行為も好きだろうと思うので混同しがちですが、違います。

さてWTRPG/PBWの大前提として。シナリオで提示された課題の解決を目指す遊びであります。人々に害成す怪物が出ました、というシナリオなら、「怪物の排除」が目的。
なので普通に考えてしまうと、謎解きシナリオであれば「謎を解く」が目的となってしまいます。私もわりと最近までそう思ってたんですが、実は違うんだ。てことに気づいた。

「面白かったー!」という感想を持てた推理小説って、タネ明かしの前に全部解けましたか。違うと思う。全部読み手に解けてしまうなら楽しくない。読む意味がない。
面白い推理小説は、途中までは読み手の推理を裏付けるように進む。ところがある段階から急に読み手の推理から離陸する。読み手を乗せたまま思いも寄らぬ方角へ飛んでいく。そして予想外の場所へ着陸する。読み手は呆然としつつも、鮮やかな着地に喝采を送るわけです。

ただ、これがスムーズに実現できるのって、読み手と解決者が別人格だからだと思うんですよ。
WTRPG/PBWの場合、読み手と解決者が同じです。PLは自分のキャラクターの行動を決定するわけですから、謎を解く役目を負う解決者です。一方で、できあがったリプレイの読み手でもあります。
行動を楽しみ、その結果を楽しむ遊びだ、というのはこの手のゲームではおそらくどこでもアオリ文句に書いてるでしょうね。
WTRPG/PBWの謎解きシナリオの場合、これがすごい制約になると思うんです。
続きを読む >>
| 2010.03.11 Thursday | comments(4) | Sei || △Page Top |
目立ちすぎな件
[ 大規模作戦/リアイベ ]
■CtS
大規模作戦【VB】の第1フェイズの結果が返ってきました。私は人がアホな行動をしてるのを見るのは大好きで、巻き込まれるのも大好きですが、どうにもアイデアというやつが不足しておりまして。自発的にネタ行動を取りそうなPCも1人しかいませんし、第1フェイズはほぼ静観……の、つもりだったんですよ、私の中では!
ところがどっこい、参加させた3PC全員BUつきで描写もらっちゃったい。

ラシードは滑走路で紅茶配布。Simoonの小隊方針には「各員己が信念に則り、全力で競技を全うせよ」とだけ書いて単独行動してました。地味すぎるし一番描写の可能性は低いと思ってたんですが、派手な人に乗っかる形で描写をいただきました。せっかくだからついでに派手な人勧誘しちゃえよ。地の文で止められましたが。
アンジェは私の持ちPCの中では最も描写されやすい行動だったと思います。当然中止派です。プレは一応100文字書いてはいるものの、「暴れます」の4文字に省略してもいいような内容。しかし描写に吹いた。

 多勢に無勢に加え、愛の要塞登場による衝撃が中止派の劣勢を決定付けた。
 そんな中、一人気を吐いていたのはアンジェリカ 楊(ga7681)だった。
 チョコレートへと迫る推進派を、正に気合だけで跳ね除けていく様は修羅もかくやと思わんばかりだ。
 何が彼女をそこまで駆り立てたというのだろうか。
「あげる相手がいないからじゃないわよー!」
 何が彼女をそこまで駆り立てたというのだろうか!


大事なことだから二度言ったんですね。一言欄を有効活用していただけて嬉しい限り。担当は瀬良MSでした。いずれ通常シナリオでお礼参りに行かねばならんな。
PLの余力がなかったので教祖との打ち合わせができなかったんですが、たまたま近くにいたみたいです。絡み入れとけば何かできたかもしれないけど、これはこれで面白かったから良し!
続きを読む >>
| 2010.02.25 Thursday | comments(16) | Sei || △Page Top |
White Night Fantasy
[ OMC ]
OMCイベントでNPCツイン商品があったら必ず頼む。何故? そこにカノン君がいるからだ。
というわけで、バレンタイン&ホワイトデーイベント「甘恋物語」のNPCツインピンを納品いただきました! 今回のイベントタイトルはなかなかおっかないですね。商品名も「恋人達のピンナップ」だし。それがどうした!

お願いしたのは最近また活動を再開されて嬉しい空豆青絵師さま。空豆絵師さまにカノン君とのツインをお願いするのは「なつきたっ」の壁紙以来になります。そこで、なんとなく過去のピン作品とのリンクを試みてみたり。

Illustration by 空豆青 / オリジナルサイズ
甘恋物語。

ひざまくら。いえぁ!
続きを読む >>
| 2010.02.24 Wednesday | comments(0) | Sei || △Page Top |
Attention
掲載画像・音声は、オーダメイドCOMによって作成されました。著作財産権は(株)クラウドゲートに帰属しますが、規約により使用権が発注者に認められているものです。発注者以外の利用・転載は著作権法に違反します。
Comments
Archives
Booklog
Sei's Avatar(s)
Search this site
Sponsored Links
無料ブログ作成サービス JUGEM